御祝い事には胡蝶蘭

お祝い時の贈答に胡蝶蘭のおすすめ

立て札を添える

贈答用として胡蝶蘭を送る場合には、ただ購入して送るだけではいけません。自分で送る場合には、梱包や送る季節などにも注意しなければいけませんが、基本季節に関しては、冬でなければ問題はないでしょう。梱包なども自分で行う場合はともかく、購入した店がきちんと行ってくれるのが一般的です。そのため、それほど気にする必要はないと言えるでしょう。

重要なのは、胡蝶蘭を購入したときに立て札を添えるという点です。立て札は何のお祝いをするのかによって、書き方が多少異なっています。普通は立札を購入して、自分で文章を書くのが一般的なのですが、現在では代行してくれるサービスを導入している業者もあるのです。もし不安なのであれば、胡蝶蘭を購入した業者に頼んで、立て札の文字を書いてもらうという方法もあるでしょう。

しかし、それだけでは味気ない時は、立て札の文字は業者に記入してもらい、気持ちを込めたメッセージカードなどを添えておくとよいでしょう。そうすれば相手にお祝いの気持ちが伝わるので、よい贈り物になります。立て札は紙札と木札とあり、通常サービスなどでは紙札になり、別途費用は発生しますが高級感を出したい場合は木札を選択すると良いでしょう。

カテゴリー:未分類